カートの中身

0 商品 - 0円
ショッピングカートは空です
カテゴリー

魅力 伝統工芸高岡銅器山茶花 額 北光生 彫金 彫金パネル皇室献上作家 北光生 パネル 山茶花

魅力 伝統工芸高岡銅器山茶花 額 北光生 彫金 彫金パネル皇室献上作家 北光生 パネル 山茶花
品番: LJY_1254713
在庫: 在庫有り
10,633円 8,779円
伝統工芸 高岡銅器
高岡銅器の歴史は江戸時代初期に、当時北陸を統括していた加賀藩主前田利長が、高岡城築城に際して城下の繁栄をはかる産業政策のひとつとして、現在の高岡市金屋町に鋳物工場を開設したことに始まったとされています。

当初の製造品は鉄鋳物による鍋や釜などの日用品をはじめ、農作業に使うクワやスキが主で、日常での生活必需品が生産の中心でした。
江戸中期になり、庶民の暮らしが豊かになり、芸術文化が向上したことで、唐金鋳物(銅合金鋳物)の需要が増加し、特に仏具は寺院に限らず広く庶民の間に求められるようになりました。
その後、明治から大正にかけては、火鉢や瓶掛、茶道具、置物などの製作が増加し、高岡銅器の美術的価値が全国に知られるようになりました。明治時代にはパリ万国博覧会に出品されており、その巧みな技術力、精巧さが世界的に認められています。

昭和50年には国指定「伝統的工芸品産地」に指定され、新商品の開発、需要の開拓、人材の養成に努めています。現在では全国の生産量の90%以上を占め、世界でも有数の銅器産地となっています。

★アルミ板にスクリーン印刷を施し、北 光生氏による1枚1枚の彫金手彫り作品でございます。
【山茶花】
花言葉:「困難に打ち勝つ」「ひたむきさ」
清らかな気持ちにさせてくれる花です。
32cm×32cm アルミ額
春夏秋冬幸せを招く花たち
皇室献上作家 現代の名工 北光生 作
日本には四季があり、様々な花たちが私たちを楽しませてくれます。そんな花たちには花言葉があり、幸せを運んできてくれます。
彫刻作家で日本工芸会正会員である北光生が、自らそんな花たちを慈しみ育てながら、愛情を持って描き、鏨を入れました。見る人の心を幸せな気持ちにさせてくれ、花が大好きという人には勿論、幸せを招き入れたい人にもお勧め致します。
北 光生先生プロフィール
彫金作家 日本工芸会正会員 富山県高岡市在住
 ●高岡市伝統工芸産業技術保持者
 ●伝統工芸日本金工展入賞5回
 ●日本伝統工芸会入賞20回
 ●伝統工芸日本金工展等 審査員歴任
 平成12年 宮家献上飾類製作
 平成14年 現代の名工として表彰
 平成15年 黄綬褒章受賞


その他の北光生作品はこちらから