カートの中身

0 商品 - 0円
ショッピングカートは空です
カテゴリー

魅力 ユレ·フレール·シャンパーニュ“ランヴィタシオン”ブリュット·レゼルヴ·(リュード村)·AOCシャンパーニュHure Freres Champagne“L'Invitation”Reserve Brut (a Ludes) (Fransois Matthi

魅力 ユレ·フレール·シャンパーニュ“ランヴィタシオン”ブリュット·レゼルヴ·(リュード村)·AOCシャンパーニュHure Freres Champagne“L'Invitation”Reserve Brut (a Ludes) (Fransois Matthi
品番: LJY_1257188
在庫: 在庫有り
5,189円 4,026円
年代造り手
 ユレ·フレール
ラウル&フランソワ·ユレ
生産国地域
フランスシャンパーニュ
村名
AOC シャンパーニュ
タイプ
白·辛口·シャンパーニュ
内容量
750ml

【ワイン通販】【通販ワイン】
  • 【アペリティフ 】
  • 【フランス 辛口 白 】
  • 【シャンパーニュ 辛口 白 】
  • 【レゼルヴ 辛口 白 】
  • 【フランス 白 辛口 】
  • 【シャンパーニュ 白 辛口 】
  • 【フランス 辛口 白 】
  • 【シャンパーニュ 辛口 白】
  • 【AOCシャンパーニュ 】
  • 【ユレ フルール 辛口 白 】
  • 【アシェト ガイド誌2013年版 】
  • 【リュード村 辛口 白 】
  • 【ランヴィタシオン 】
  • 【レゼルヴワイン 】
  • 【Hure Freres Champagne“L'Invitation”Reserve Brut (a Ludes) (Francois Matthieu) AOC Champagne】

ユレ·フレール·シャンパーニュ“ランヴィタシオン”ブリュット·レゼルヴ·(リュード村)·AOCシャンパーニュ
Hure Freres Champagne“L'Invitation”Reserve Brut (a Ludes) (Francois Matthieu) AOC Champagne
大人気こだわりシャンパーニュ辛口愛好家大注目!レヴュー·ド·ヴァン·ド·フランス誌やアシェットガイド誌2013年版星付他、ワインプレス軒並み大注目!モンターニュ·ド·ランスの東に位置するリュード村(東はグラン·クリュのマイイ·シャンパーニュに隣接)本拠地のユレ·フルール·シャンパーニュから、リュード村を中心としたモンターニュ·ド·ランスの葡萄(ムニエ50%、ピノ·ノワール35%、シャルドネ15%)のみを使用!しかも表土には粘土が多く含まれ、下層には石灰岩が多く含まれる白亜紀の土壌からは、はつらつとした豊かなミネラルを含み、長期熟成可能なシャンパーニュが生み出されます。しかもぜいたくにも30%も含まれる完璧なバランスを生み出すリザーヴワインは、30年分のヴィンテージを継ぎ足して造られた秘蔵ワイン!!フランソワ·ユレいわく「このノン·ヴィンテージの“ブリュット·レゼルヴ·ランヴィタシオン”に加えるのは特別なリザーヴワインで父が1982年からソレラシステムで熟成させているもの。毎年約3分の1を残して新しいヴィンテージを継ぎ足していく。複数ヴィンテージが合わさる事でよりバランス良く安定した味わいに仕上がる」。目指すのは華々しくも乾杯の一口だけで満足してしまうシャンパーニュでは無い。食事の間を通して最後の一口まで飲み続ける事の出来る、まさに静かなる品格のあるシャンパーニュが限定で極少量入荷!

ユレ フレール シャンパーニュ“ランヴィタシオン”ブリュット レゼルヴ (リュード村) AOCシャンパーニュ
マイイ·グラン·クリュに隣接する、
リュード村本拠地の家族経営の造り手!
ユレ·フレールによる、
食事の間を通して最後の一口まで
飲み続ける事の出来る、まさに
静かなる品格のあるシャンパーニュ!

60年代から続く家族経営のメゾン
モンターニュ·ド·ランスの東に位置するリュ―ド村。プルミエ·クリュに格付けされピノ·ムニエを中心に栽培している。ユレ·フレールはこの村で3代続くシャンパーニュ·メゾンだ。現在このメゾンの代表を務めるのがフランソワ·ユレ。まだ34歳だがフランス国内や海外で多くの経験を積み、近年レヴュー·ド·ヴァン·ド·フランス誌や他のメディアからシャンパーニュの注目生産者として多く取り上げられている。
60年代にこの地でシャンパーニュ造りを始めたのはフランソワの祖母のジャンヌだ。当時女性がシャンパーニュ造りに携わる事は非常に珍しかったが、彼女は果敢にもその世界にゼロから挑戦した。リザーヴワインが揃うまでの最初の数年間は一部の葡萄を共同組合へ販売したが、その後は当時から自社で醸造。間もなく彼女の3人の息子が手伝う様になったが、常にリーダーシップを取るのはジャンヌだった。
1971年からはフランソワの父ラウルが中心となりメゾンは徐々に拡大。2008年からは正式にフランソワがメゾンを引き継いでいる。
醸造は小区画毎に最適な方法を選択
ディジョン大学で醸造学を学んだ後にフランソワはシャンパーニュ·フルーリー、オスピス·ド·ボーヌ、シャプティエ、ニューワールドと世界各地でワイン造りを学んだ。フランソワに特に大きな影響を与えたのが、ブルゴーニュとニュージーランドでの経験だった。「ブルゴーニュでは区画毎のテロワールの個性と伝統的醸造法をリスペクトする事の重要さを学んだ。反対にニュージーランドでは既存のルールにとらわれず新しい手法に挑戦する精神を学んだ」
フランソワがシャンパーニュに戻ったのは2003年。その後彼の意見により葡萄畑の作業が大きく変えられた。除草剤の使用を減らしていき、一部にはビオディナミを取り入れより自然に近い農法を取る様になった。
また醸造面でも多くの改革を行っている。彼の特徴は統一した手法を使うのではなく、区画毎に最適の手法を選択している点。「以前は全てのキュヴェに同じ手法を取り入れていた。しかし区画毎のテロワールをより引き出すにはその区画に最適の手法を取り入れなくてはならない。マロラクティック発酵の有無や天然酵母と人口酵母の使い分けも区画毎に変えている
現在ではブラン·ド·ブランに含まれるパーセルにはマロラクティック発酵を行わないようにしている。地球の温暖化の影響もありマロラクティック発酵を行うとブラン·ド·ブランの特徴であるフレッシュさが不足すると考えるからだ。このシャンパーニュ造りにおける柔軟な発想がユレ·フレールのワインの品質を向上させている。
乾杯で終わらない飲み続けられるシャンパーニュ
現在では約10ヘクタールの畑があるが、祖父が亡くなった後の相続によって名義が父と2人の兄弟に分けられた為、叔父たちの畑の葡萄は書類上フランソワが一度購入してから醸造している事になる。この為に区分上はネゴシアン·マニピュランとなってしまう。
ヴィルドマンジュ、ブルイエ等複数の村に畑を所有しているが中心となるのは本拠地であるプルミエ·クリュのリュ―ド村だ。東にはグラン·クリュのマイィ·シャンパーニュ村が隣接している。40cm程の表土には粘土が多く含まれ下層には石灰岩が含まれる白亜紀の土壌。この石灰層まで葡萄樹が根をおろす事で、フレッシュ且つエレガントで長期熟成可能なシャンパーニュが生まれる
私が造りたいのはバランスの良いシャンパーニュ。1982年からソレラシステムで熟成させているリザーヴワインが重要。そしてモンターニュ·ド·ランスのテロワールに由来する綺麗な酸とミネラルを残す事も大切。造りたいのは乾杯の一口で終わってしまうシャンパーニュでは無く、食事の間飲み続ける事の出来るシャンパーニュ。その為には口中に残るフレッシュさをとても大事にしている
 
ユレ·フレール·シャンパーニュ·“ランヴィタシオン"ブリュット·レゼルヴ

「ノン·ヴィンテージの“ブリュット·レゼルヴ·ランヴィタシオン"に加えるのは特別なリザーヴワインで父が1982年からソレラシステムで熟成させているもの毎年約3分の1を残して新しいヴィンテージを継ぎ足していく。複数ヴィンテージが合わさる事でよりバランス良く安定した味わいに仕上がる」
目指すのは華々しくも乾杯の一口だけで満足してしまうシャンパーニュでは無い。食事の間を通して最後の一口まで飲み続ける事の出来る、静かな品格のあるシャンパーニュだ。
 

大人気こだわりシャンパーニュ辛口愛好家大注目!レヴュー·ド·ヴァン·ド·フランス誌やアシェットガイド誌2013年版星付他、ワインプレス軒並み大注目!モンターニュ·ド·ランスの東に位置するリュード村(東はグラン·クリュのマイイ·シャンパーニュに隣接)本拠地のユレ·フルール·シャンパーニュから、リュード村を中心としたモンターニュ·ド·ランスの葡萄(ムニエ50%、ピノ·ノワール35%、シャルドネ15%)のみを使用!しかも表土には粘土が多く含まれ、下層には石灰岩が多く含まれる白亜紀の土壌からは、はつらつとした豊かなミネラルを含み、長期熟成可能なシャンパーニュが生み出されます。しかもぜいたくにも30%も含まれる完璧なバランスを生み出すリザーヴワインは、30年分のヴィンテージを継ぎ足して造られた秘蔵ワイン!!フランソワ·ユレいわく「このノン·ヴィンテージの“ブリュット·レゼルヴ·ランヴィタシオン”に加えるのは特別なリザーヴワインで父が1982年からソレラシステムで熟成させているもの。毎年約3分の1を残して新しいヴィンテージを継ぎ足していく。複数ヴィンテージが合わさる事でよりバランス良く安定した味わいに仕上がる」。目指すのは華々しくも乾杯の一口だけで満足してしまうシャンパーニュでは無い。食事の間を通して最後の一口まで飲み続ける事の出来る、まさに静かなる品格のあるシャンパーニュが限定で極少量入荷!